トタン屋根の雨漏り修理方法

屋根は、トタンや焼き瓦、樹脂瓦などで出来ており、雨風や強い日差しから守ってくれています。

過酷な環境にさらされる屋根は、年月を追うごとに少しずつ劣化しヒビが入ったり、防水材が剥がれ、雨漏りを起こしてしまいます。ここでは、雨漏りが起きた際のトタン屋根の修理方法についてご紹介したいと思います。

まず、トタン屋根の場合は、トタン自体が腐食し穴が開いている場合や、打ち込んだ固定用の釘が抜けている場合があります。
腐食による穴を見つけた場合には、その部分をトタンばさみで切り取り、下地材も腐食していないか確認します。
下地材に影響が見られなかった場合は、切り取ったトタンより大きめの新しいトタンを準備し、防水コーキング剤を接着面に全体的に塗り接着させます。


既存のトタンと新しいトタンに隙間ができないよう周りをコーキング材で充填すれば完成です。

待望の屋根雨漏りを知りたいならこちらです。

屋根の頂点になっている部分には、覆うように「棟板金」という角度の付いたトタンが被さっています。

今年、最も指示を集めた毎日新聞が今、話題になっています。

この部分は釘で固定されていますので、浮いて隙間が出来ていないか確認します。
もし浮いていた場合は、すべての棟板金を留めている釘を抜いて取り外します。下地のヌキ板が見せますので、それも全て撤去しましょう。


その後、新しいヌキ板を釘で打ち付けます。
取り外した棟板金を被せ、新しい釘で留めていきます。


その後、釘の頭を隠す程度の防水コーキング剤を塗れば作業完了です。
雨漏り修理は、高所作業のため危険を要し、きちんと作業を行わなければ、また雨漏りしてしまいます。



自信のない方は無理せず、修理業者に依頼しましょう。


top