雨漏りをなるべく早く修理したほうが良い理由

建物は、長年使用し続ける中で色々な問題が起こります。



外壁部分のひびや塗装が落ちたりといった目に見えるものから、雨漏りのように症状がひどくなるまで気付きづらいものもあります。
特に雨漏りは、発生した時点でかなり建物内部に損傷がある可能性が考えられます。
天井部分から水が落ちてくる場合、その水は建物の様々な箇所を通過している可能性が非常に高いことを示しています。

雨が屋根から侵入しているだけならまだ良いですが、外壁や柱部分を通して水が侵入している場合は、建物内部の多くの箇所が濡れた状態となります。



濡れた状態が続き柱といった建物の重要な部分が腐ってしまうと、建物自体の強度が大幅に損なわれます。
雨漏りによって内部が腐食した建物は、耐久性が非常に低くなっており、地震等の災害時に最悪倒壊することも考えられます。ですから、雨漏りは見つけた時点で対策をとることが非常に重要です。

時に天井から水が滴り落ちているということは、建物自体が水分を吸収できずに漏れているということをあらわしています。


危険な状態とも言えるので、できればその前に気付けることが望ましいでしょう。
また、水で建物が濡れた状態になっていると建物内の湿気が高い状態になります。


すると、湿気を好むシロアリが繁殖しさらなる被害にあうこと可能性もあります。さらに、アレルギー等の原因になるカビも繁殖しやすい環境も整ってしまうため、住人の病気のリスクが高まります。二次被害に発展させないためにも、雨漏りを見つけたらすぐに修理しましょう。



top