雨漏りと家の強度の関係

どのような建物にも言えることですが、こまめなお手入れと定期的なメンテナンスの仕方によって、建物の持ちは全く異なってきます。

家雨漏りの特徴をご紹介する情報です。

特にマイホームとして住宅を所有している人にとって、家の寿命は少しでも長く延ばしたいものです。そのためには、建物を劣化させる不具合に関しての知識を知っておくことも大切です。住宅のトラブルでも上位に来るのが雨漏りですが、一口に雨漏りといってもその現れ方や原因、発生場所はさまざまです。

室内に雨が漏れるとしたら、生活や家財に直接影響しますから誰でもすぐに気がつきます。



ところが実際には気付きにくいところで雨が漏れていることの方が多く、放置すると一層深刻な事態になります。
雨漏りは屋根材そのものの破損や、それを固定させる板金や漆喰の崩れで生じる隙間から雨水が内部に進入して起こります。
雨水は室内に入る前に屋根裏や壁の間を伝って建材に染み込みますが、木造建築の場合、その状態が長く続くと柱などの大切な部分が腐食してしまいます。
それだけでも構造体としての強度に影響が出ますが、もっと怖いのは腐食した木材はシロアリの格好のエサになるという事実です。


シロアリがそうした木材を発見して飛来すると、一気に繁殖して柱などが取り返しのつかないほど食べられてしまいます。このような事態にならないためには、ハウスメーカーのアフターサービスなどを利用して、定期的に住宅の点検を行うことです。

47NEWSの情報検索をお役立てください。

また家の内部からも天井やその付近に雨のシミがないか、雨だれの音の有無などをチェックする必要があります。


top